洋画家 八十山和代の「竹林」(襖絵)展示 ~東京国立博物館~

2005年11月23日 東京国立博物館 本館エントランスホール
洋画家 八十山和代の「竹林」(襖絵)展示
[Kazuyo Yasoyama Exhibition] “Tokyo National museum International student`s day”
Now23,2005 9:30~17:00 Tokyo National Museum
竹画家・八十山和代氏の大作「竹林」(襖絵)が、東京国立博物館(東京・上野公園)に展示された。外国人留学生に日本の文化を紹­介する、同館のイベント「留学生の日」の1コマを飾った。国宝や重文を所蔵する国内最古で最高峰の博物館に、現役画家の作品が展­示されるのはめったにない。
「自ら海外留学経験を持ち、世界で活躍する八十山さんの元気を感じ取ってもらい、竹のように真っ直ぐに伸びてほしい、と願いを込­めた。」と同館本部。八十山氏の作品の前で「くぁるてーとさくら」のアカペラコンサートが、2回開催された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow by Email
YouTube
Instagram